Skip to main content
Vindicia Knowledge Center

Event History



このレポートには、アカウント、サブスクリプション、製品、および料金プラン別に、選択した期間内に受信されたすべての定格ユニット イベントを一覧表示します。

レポートを生成するには、目的のパラメータを入力し、[送信] をクリックします。

 

列の表示
 

フィールド

説明

イベント ID

イベントの一意の ID。(各イベント ID は一意でなければなりません。イベントの定義時に省略した場合、Cashbox が自動的にこのフィールドを記入します。)

イベント日付

イベントが請求可能とみなされた日時。(デフォルトでは、このフィールドは dateReceived からの日時で記入されます。必要に応じて、別の日付を入力してください。)

受信日

Cashbox がイベントを受信した日時を一覧表示する読み取り専用フィールド。

顧客 ID

イベントに関連付けられたアカウント ID。

顧客名

イベントに関連付けられたアカウント名。

説明

イベントの説明

金額

このイベントが使用する定格ユニット数 (料金プランで定義)。

定格ユニット名

料金プランで定義されている料金が設定されたユニットの名前。

請求明細

イベントが請求されたかどうかを示す読み取り専用フィールド。次の 2 つのどちらかの値になります。

請求済み:イベントが請求明細に含まれている。

未請求:イベントが請求明細に含まれていない。

料金プラン

イベントが記録された料金プラン。

製品

イベントが記録された製品。

製品 ID

イベントが記録された製品の ID。

サブスクリプション ID

イベントが記録されたサブスクリプションの ID。