Skip to main content
Vindicia Knowledge Center

General Ledger Extract Report



総勘定元帳取得レポートは外部 GL に、補助元帳入力または入力前アクティビティで使用する総合的なデータのビューを提供します。レポートはオンデマンドで実行、ダウンロードすることも、スケジュールを設定して自動的にメールの添付ファイルとして送信することも可能です。

レポートを生成するには、必要なパラメータを入力し、表示する情報を選択したら、[送信] をクリックします。

列の表示
フィールド 説明
レポート実行日 レポートを実行した日。
Accounting Period Start Date (会計期間開始日) このレポート実行の期間開始日。
Accounting Period End Date (会計期間終了日) このレポート実行の期間終了日。
Invoice Identifier (請求書 ID) 請求書の一意の識別子。
顧客 ID  顧客の一意の識別子。
Subscription Identifier (サブスクリプション ID) 請求書が生成されたサブスクリプションの一意の ID。
アフィリエイト ID  サブスクリプションに関連するアフィリエイト ID で、商店内のサブグループを示しています。
トランザクション ID トランザクション識別子 (請求書に対するトランザクションが存在する場合)。
返金 ID 

返金用の一意の ID。このデータは返金行にのみ存在しています。(支払い済み請求書が返金された場合、その請求書に対する返金 ID は記入されません。)

請求プラン  サブスクリプションの請求プラン。
SKU 在庫商品識別番号情報。
請求日  請求書の期限。

トランザクション日付/返金日付

トランザクションのトランザクション日付、返金の返金日付。

Record Type (レコード タイプ)

特定の行に表示されるデータのタイプを示します。可能な値:請求書、請求書項目、トランザクション項目、ワンタイム購入、返金。レコード タイプは、特定の行に表示されるデータのタイプを示します。

Invoice Status (請求書ステータス)

現在の請求書ステータス。可能な値:Open (処理中)、Due (期限)、Overdue (期限切れ)、Paid (支払い済み)、Written Off (取り消し)、Canceled (キャンセル)、Free (無料)。

トランザクション タイプ

この行に対するトランザクション情報が存在する場合、または行にワンタイムまたは返金情報が表示されている場合に、トランザクションのタイプ。可能な値:Recurring (リカーリング)、One-time (ワンタイム)、Refund (返金)、NULL、Partial Payment (一部支払い)。

トランザクション ステータス

レポートのこの行にトランザクション情報を表示している場合、トランザクションおよびトランザクション項目のステータスが表示されます。

特定の会計期間にステータスが変更された (たとえば、「認定された保留中」から「キャンセル」に) トランザクションも表示されます。

Invoice Item Type (請求書項目タイプ)

行が請求書項目に対応している場合に、請求書項目のタイプ。可能な値:Recurring Charge (リカーリング課金)、Nonrecurring Charge (非リカーリング課金)、Tax (税)、Credit (信用取引)、DiscountBeforeTax (税引き前に割り引き)、TaxableCredit (課税対象信用取引)。

Campaign Description (キャンペーンの説明)/Credit Reason (信用取引理由)/Refund Note (返金のメモ)/MAP Payment Note (MAP 支払いメモ)

このフィールドには、次の 1 つまたは複数の項目が含まれます:キャンペーンの説明、信用貸付された理由、返金に関するメモ、MAP に関するメモ。

Invoice Item Index Number (請求書項目インデックス番号)

内部利用専用。 

Transaction Item Type (トランザクション項目タイプ)

該当する場合に、対応するトランザクション項目のタイプ。可能な値:Purchase (購入)、Discount (割引)、Credit (信用取引)、TaxableCredit (課税対象信用取引)、Tax (税)。

サービス期間

プランが月ごと、四半期ごと、半年ごと、または年ごとであることを示します。

サービス期間開始

請求書のサービス期間の開始日。

サービス期間終了

請求書のサービス期間の終了日。

支払いタイプ

支払いが行われた場合に、支払いのタイプ (例:クレジット カード、PayPal、MAP など)。

Tax Level (税レベル)

これが課税対象項目の場合、市、国、州/都道府県など。

通貨

支払いの通貨コード。

Invoice Amount (請求額)

請求書項目の金額。

Invoice Subtotal (請求書小計)

請求書の小計、請求書の行にのみ存在します。

Invoice Tax (請求書税額)

請求書の合計税額、請求書レベルでのみ存在しています。

Invoice Balance (請求書残高)

請求書の残り残高 (支払予定)、請求書レベルでのみ存在しています。

Total Credits (売掛合計)

請求書の合計売掛額、請求書レベルでのみ存在しています。

Total Discounts (割引額合計)

請求書の合計割引額、請求書レベルでのみ存在しています。

Transaction Amount (トランザクション金額)

トランザクション/トランザクション項目の金額。

Transaction Subtotal (トランザクション小計)

税引き前のトランザクションの金額。

Transaction Tax (トランザクション税額)

トランザクションの合計税額、請求書が支払われた請求書行にのみ存在します。

返金額

合計返金額、請求書に返金と関連するトランザクションがある

請求書行にのみ存在します。

Refund Sub-total (返金小計)

返金の小計部。

Refund Tax (返金税額)

返金の税額部。

Number of Days in Service Period prior to Accounting Period (会計期間前のサービス期間の日数)

このフィールドは次のように算出されます:

* サービス期間開始日 < 会計期間開始日の場合、(会計期間開始日 - サービス期間開始日)

* サービス期間開始日 >= 会計期間開始日の場合、(0)

 

注意:(会計期間開始日 - サービス期間開始日) で、サービス期間

開始日はその日も含まれます。たとえば、サービス期間開始日が 3 月 25 日で、

会計期間開始日が 4 月 1 日の場合、(会計期間開始日 - サービス期間

開始日) = (4 月 1 日 - 3 月 25 日) = 6 日となります。

Invoice Revenue Previously Recognized (前回認識された請求書収益)

これは、((請求書金額/サービス期間) * 会計期間開始日前の適用日数) になります。

「会計期間開始日前の適用日数」は、この表に前述されている「会計期間前のサービス期間」の「Number of Days (日数)」の記述に従って算出されます。

Transaction Revenue Previously Recognized (前回認識されたトランザクション収益)

ワンタイム トランザクションの前回の期間の認識された収益は、0 です。

リカーリング トランザクションの場合、これは、((金額/サービス期間) * 会計期間開始日前の適用日数) になります。「会計期間開始日前の適用日数」は、上記のように算出されます。

Number of days in Service Period within the Accounting Period (会計期間内のサービス期間の日数)

会計期間内の適用日数は次のように算出されます:

サービス開始日 <= 会計期間開始日およびサービス終了日 >= 会計期間終了日の場合、(会計期間終了日 - 会計期間開始日)

注意:会計期間開始日と終了日は両方ともその日が含まれます。

サービス開始日 < 会計期間開始日およびサービス終了日 < 会計期間開始日の場合、(サービス期間終了日 - サービス期間開始日)

注意:サービス期間開始日と終了日は両方ともその日が含まれます。

サービス開始日 <= 会計期間開始日およびサービス終了日 <= 会計期間終了日およびサービス終了日 >= 会計期間開始日の場合、(サービス期間終了日 - 会計期間開始日)

注意:会計期間開始日とサービス期間終了日はその日が含まれます。

サービス開始日 >= 会計期間開始日およびサービス開始日 <= 会計期間終了日およびサービス終了日 >= 会計期間終了日の場合、(会計期間終了日 - サービス期間開始日)

注意:会計期間終了日とサービス期間開始日は両方ともその日が含まれます。

サービス開始日 >= 会計期間開始日およびサービス終了日 <= 会計期間終了日の場合、(サービス期間終了日 - サービス期間開始日)

注意:サービス期間終了日とサービス期間開始日は両方ともその日が含まれます。

サービス開始日 > 会計期間終了日およびサービス終了日 > 会計期間終了日の場合、0

Invoice Revenue Recognized in this period (この期間の認識された請求書収益)

これは、((金額/サービス期間) * 会計期間内の適用日数) になります。

会計期間内の適用日数は上記のように算出されます。

Transaction Revenue Recognized in this period (この期間の認識されたトランザクション収益)

ワンタイム トランザクションの認識された収益は、小計 * 数量と同じになります。

リカーリング トランザクションの場合、これは ((金額/サービス期間) * 会計期間内の適用日数) になります。

会計期間内の適用日数は上記のように算出されます。

Number of days in Service Period post Accounting Period (会計期間後のサービス期間の日数)

会計期間後の適用日数は次のように算出されます:

サービス期間終了日 > 会計期間終了日およびサービス期間開始日 <= 会計期間終了日の場合、(サービス期間終了日 - 会計期間終了日)

請求期間終了日 > 会計期間終了日および請求期間開始日 > 会計期間終了日の場合、(サービス期間終了日 - サービス期間開始日)

注意:サービス期間終了日 - サービス期間開始日は両方ともその日が含まれます。

Invoice Deferred Revenue (請求書延期収益)

延期収益は、((金額/サービス期間) * 会計期間後の適用日数) になります。会計期間後の適用日数は上記のように算出されます。

Transaction Deferred Revenue (トランザクション延期収益)

ワンタイム トランザクションの延期収益は、0 です (1.0 バージョンのレポートで)。

リカーリング トランザクションの場合、延期収益は ((金額/サービス期間) * 会計期間後の適用日数) になります。会計期間後の適用日数は上記のように算出されます。

Invoice Earned Revenue by the end of the Accounting Period (会計期間終了までに確定した請求書収益)

これは、「前に認識された収益 + この期間に認識された収益」になります。

Transaction Earned Revenue by the end of the Accounting Period (会計期間終了までに確定したトランザクション収益)

これは、「前に認識された収益 + この期間に認識された収益」になります。