Skip to main content
Vindicia Knowledge Center

Invoice Based Revenue Recognition Report



このレポートは、スケジュール設定した週ごと、月ごと、または四半期ごとのサービス期間の開始日間に発生した請求書のリストを表示します。これより長いレポート期間の場合、ワンタイム レポートのスケジュールを設定して開始日と終了日を指定することができます。

このレポートには以前に認識された、現在認識されている、および遅延している定期/年間収益が、請求書項目レベルで表示されます。レポートの各行には、請求書 ID、請求プラン、SKU、請求書項目、インデックス番号、およびサブスクリプション ID、そしてある場合はアフィリエイト ID が含まれています。サービス期間開始日と終了日は、それが一意の場合は請求書項目に、請求書項目に一意のサービス期間日付がない場合は請求書自体に表示されます。

レポートを生成するには、目的のパラメータを入力し、[送信] をクリックします。 

列の表示

 

フィールド

説明

Invoice Identifier (請求書 ID)

商店の請求書 ID。(ワンタイム トランザクションの場合 NULL)

請求プラン

請求プラン ID。(ワンタイム トランザクションの場合 NULL)

 

SKU

在庫商品識別番号 (SKU) ID。

Record Type (レコード タイプ)

請求書または返金。

トランザクション タイプ

これがワンタイム トランザクションか、またはリカーリング トランザクションかを示します。

請求日

請求書の作成日。

Invoice Status (請求書ステータス)

現在の請求書ステータス。

Invoice Item Type (請求書項目タイプ)

可能な値は、RecurringCharge または DiscountBeforeTax または TaxableCredits になります。

Invoice Item Index (請求書項目インデックス)

Number (回数)

内部利用専用。

Subscription Identifier (サブスクリプション ID)

商店サブスクリプション ID。(ワンタイム トランザクションの場合 NULL)

アフィリエイト ID

サブスクリプションに関連付けられているアフィリエイトの ID。

サービス期間開始

指定されたサービス期間の開始日。

サービス期間終了

指定されたサービス期間の終了日。

通貨

この請求書で使われている通貨。

Pre-tax Total (税込み合計)

請求書項目の税込み合計。請求書項目タイプ「割引」、「課税対象信用取引」、および「返金」の場合、これは負の値になることに注意してください。

Number of Days in Service Period prior to Accounting Period (会計期間前のサービス期間の日数)

このフィールドは:

• (サービス期間開始日 < 会計期間開始日の場合、会計期間開始日 - サービス期間開始日)

• サービス期間開始日 >= 会計期間開始日の場合、(0)

 

(会計期間開始日 - サービス期間開始日) で、サービス期間はその日が含まれることに注意してください。たとえば、サービス期間開始日が 3 月 25 日で、会計期間開始が 4 月 1 日の場合、(会計期間開始日 - サービス期間開始日) = (4 月 1 日 - 3 月 25 日) = 6 日となります。

Revenue Previously Recognized—Annualized (以前に認識された収益—年間)

(ワンタイム トランザクションの前回の期間の認識された収益は、0 です。)

リカーリング トランザクションの請求書の場合、これは ((税込み合計/365.25) * 年のサービス期間数 * 会計期間開始日前の適用日数) になります。

「会計期間開始日前の適用日数」は、上記のように算出されます。

割引、課税対象信用取引、返金の場合、これは負の数値になることに注意してください。

Number of days in Service Period within the Accounting Period (会計期間内のサービス期間の日数)

これは次のように算出されます:

• サービス開始日 <= 会計期間開始日およびサービス終了日 >= 会計期間終了日の場合、(会計期間終了日 - 会計期間開始日)会計期間開始日と終了日は両方ともその日が含まれることに注意してください。

• サービス開始日 < 会計期間開始日およびサービス終了日 < 会計期間開始日の場合、(サービス期間終了日 - サービス期間開始日)

サービス期間開始日と終了日は両方ともその日が含まれることに注意してください。

• サービス開始日 <= 会計期間開始日およびサービス終了日 <= 会計期間終了日およびサービス終了日 >= 会計期間開始日の場合、(サービス期間終了日 - 会計期間開始日)

会計期間開始日とサービス期間終了日はその日が含まれることに注意してください。

• サービス開始日 >= 会計期間開始日およびサービス開始日 <= 会計期間終了日およびサービス終了日 >= 会計期間終了日の場合、(会計期間終了日 - サービス期間開始日)

会計期間終了日とサービス期間開始日は両方ともその日が含まれることに注意してください。

• サービス開始日 >= 会計期間開始日およびサービス終了日 <= 会計期間終了日の場合、(サービス期間終了日 - サービス期間開始日)。

サービス期間終了日とサービス期間開始日は両方ともその日が含まれることに注意してください。

• サービス開始日 > 会計期間終了日およびサービス終了日 > 会計期間終了日の場合、0

Revenue Recognized in this period—Annualized (この期間の認識された収益—年間)

ワンタイム トランザクションの認識された収益は、小計 * 数量と同じになります。

リカーリング課金の請求書の場合、これは次のように算出されます:

((税込み合計/365.25) * 年のサービス期間数 * 会計期間内の適用日数)

会計期間内の適用日数は上記のように算出されます。

返金、割引、課税対象信用取引の場合、このフィールドは負の数値になることに注意してください。

Revenue Recognized in this period (この期間の認識された収益)

ワンタイム トランザクションの認識された収益は、小計 * 数量と同じになります。

リカーリング トランザクションの場合、これは ((金額/サービス期間) * 会計期間内の適用日数) になります。

Number of days in Service Period post Accounting Period (会計期間後のサービス期間の日数)

会計期間後の適用日数は次のように算出されます:

サービス期間終了日 > 会計期間終了日およびサービス期間開始日 <= 会計期間終了日の場合、(サービス期間終了日 - 会計期間終了日)。

請求期間終了日 > 会計期間終了日および請求期間開始日 > 会計期間終了日の場合、(サービス期間終了日 - サービス期間開始日)。

サービス期間終了日とサービス期間開始日はその日が含まれることに注意してください。

Deferred Revenue—Annualized (延期された収益—年間)

ワンタイム トランザクションの延期収益は、0 です。

請求書の場合、延期収益は次のように算出されます:

((税込み合計/365.25) * 年のサービス期間数 * 会計期間後の適用日数)。

会計期間後の適用日数も同じように算出されます。

割引、課税対象信用取引、返金の場合、これは負の数値になることに注意してください。

Deferred Revenue (延期された収益)

ワンタイム トランザクションの延期収益は、0 です。リカーリング トランザクションの場合、延期収益は ((金額/サービス期間) * 会計期間内の適用日数) になります。会計期間内の適用日数も同じように算出されます。

割引、課税対象信用取引、返金の場合、これは負の数値になることに注意してください。

リカーリング トランザクションにサービス期間が存在しない場合 (どのような理由でも)、これらのリカーリング トランザクションはワンタイム トランザクションのように取り扱われます。