Skip to main content
Vindicia Knowledge Center

Decline Recovery Report



このレポートでは、再試行戦略の効果を調査することができます。レポートの開始日と終了日の間に発生した初期請求の試みに基づいてコーホートを使用し、そのすべてが同じ初期応答コードを持つ、回収拒否レポートは、現在までの再試行結果をレポート実行日の観点から追跡します。このレポートでは、その時点での設定された再試行数まで、発生した試みが自動的に延長されます。請求書とレポートの開始日から終了日間の初期請求の試みから構成されるコーホートは、同じ初期応答コードおよび通貨を共有していることに注意してください。再試行期間内全体を通じて (再試行サイクル全体完了後に実行された場合)、複数の再試行に対してそのパフォーマンスが追跡され、再試行戦略の終了結果全体を把握することができます。

このレポートのスケジュールを設定し (CSV 形式、実行完了時にそれを通知することができます。または、レポートをオンデマンドで実行することも可能です (CSV 形式)。

 

レポートを生成するには、目的のパラメータを入力し、[送信] をクリックします。

列の表示

レポート実行日

レポートの実行日。

レポート開始日 レポート期間の開始日。レポートに含める初期請求の試みの日付に対して、もっとも早い日付です。
レポート終了日 レポート期間の終了日。レポートに含める初期請求の試みの日付に対して、もっとも遅い日付です。

通貨

トランザクションの通貨。

初期応答コード

初期の請求の試みの応答コード。

初期請求額

指定された通貨での、初期の請求の試みの金額。(ない場合もあります。) 

Starting Count (開始カウント)

この請求が拒否された個別のトランザクション項目数。

Overall Recovery Rate (総合的な回収レート)

この請求の試みのすべての項目の合計コストから回収された割合 (パーセント)。

Overall Recovery Amount (総合的な回収額)

回収金額。

再試行(n) 成功 成功、この再試行で支払いを受け取った個別の項目数で判定しています。たとえば、開始カウントが 2 で「再試行 (1) 成功」が 1 の場合、2 つの項目の中の 1 つが正常に請求されたことを意味しています。「再試行(1) 失敗」は 1で、再試行回収レートは 50% になります。 
再試行(n) 失敗

この請求の試みで回収に失敗した個別の項目数。たとえば、開始カウントが 3 で「再試行 (1) 失敗」が 1 の場合、3 つの中の 1 つの項目が正常に請求されたことを意味しています。「再試行(1) 成功」は 1で、再試行 (1) 回収レートは 33% になります。

再試行(n) 回収レート この再試行で回収できたトランザクションの割合 (パーセント)。