Skip to main content
Vindicia Knowledge Center

Subscription Billing Status

請求のステータスは、サブスクリプションの金融的な請求条件を表しています。このデータ メンバーは、サブスクリプション現在の請求条件を定義しており、ステータス フィールドと組み合わせて、サブスクリプションの現在の条件の詳細な情報を確認することができます。[請求ステータス] フィールドは読み取り専用です。

  • 不明:テスト目的での内部利用向け。
  • 資産状態良好現在の請求期間の請求が成功した。
  • 無料/トライアル:サブスクリプションの現在の請求期間定義 (現在の請求プランが指定) が強制的な無料となっています。これは一時的な状態の場合も、その請求期間中は無料になるように設定されている場合もあります。また、請求プランが永久無料の場合は、永久的に無料になります。無料条件がキャンペーン アプリケーションにより送られている場合は、この状態は適用されません。
  • 再試行中:サブスクリプションは引き続きアクティブですが再試行状態で、最低 1 つの請求期間が課金の試みに失敗しています。AutoBill は設定された再試行期間内にあり、自動化プロセスや顧客のアクションにより保存できる場合もあります。この状態は、前のソフト エラー ステータスに対応しています。新しいスキームでは、アクティブなステータスとのみ組み合わせられます。
  • 使用できない支払い方法:サブスクリプションは引き続きアクティブですが再試行状態で、最低 1 つの請求期間に課金の試みの失敗が存在しています。そのため、「Hard Fail」(ハード失敗) であることを示すエラー コードを受信し、回収不可能とみなされています。サブスクリプションは、指定した試行または猶予期間が失効するまで、顧客が新しい支払い手段を用意することを期待して、この状態を維持します。この状態は、以前のサブスクリプション終了日が経過しなかった時の、Hard Error ステータスに対応しています。
  • 請求完了:サブスクリプションはアクティブではありません。必要な請求がすべて完了し、これ以上のスケジュール設定された請求はありません。
  • 取り立てに失敗しました:支払い方法の正常な更新が行われないまま再試行期間を過ぎたため、サブスクリプションが無効になりました。この状態は、以前のサブスクリプション終了日が経過した時の、Hard Error ステータスに対応しています。この状態はステータスが「キャンセル」のサブスクリプションにのみ存在します。
  • 期限切れ:サブスクリプションにMAP (Merchant Accepted Payment) 支払い方法 (請求) が割り当てられており、最低 1 つの期限切れ請求書が存在しています。
  • 保留中の承認:サブスクリプションが課金を処理するために、商店または顧客の行動が必要な支払い方法を使用しており、外部の行動または承認を待機しています。
  • 無料期間:サブスクリプションは現在無料または $0 の請求期間です。初期請求期間の「Free=True」条件を除く任意の期間のみ (「Free/Trial」状態を使用)。
  • 終了:サブスクリプションは、システムまたは商店のアクションにより、強制的に終了状態にされています。これ以上の請求は計画されていません。
  • 猶予期間:サブスクリプションに未払いの残高があり、再試行期間中ですが、最後のスケジュール設定された再試行の試みを過ぎました。復元するための唯一の方法は、支払い方法を正常に更新することです (一般的には顧客による介入)。猶予期間終了まで、サブスクリプションは引き続きアクティブで権利が付与されます。