Skip to main content
Vindicia Knowledge Center

Transaction



トランザクション オブジェクトには、Cashbox 経由で処理された金融トランザクションに関する情報が埋め込まれています。顧客情報 (Account)、支払い情報 (PaymentMethod)、一般品目 (TransactionItem)、および金額などのトランザクションのコンテンツに加えて、このオブジェクトには Cashbox サービスをサポートする豊富な属性セットが含まれています。

The list transactions page displays transactions by ID, Customer, Payment Type, Amount, Status, and Created Date.これらの任意のキーワードでトランザクションを検索できます。また、[フィルタを表示] ボタンをクリックして、検索内容を絞り込むことができます。

トランザクション オブジェクトが、ワンタイム請求またはリカーリング請求、またはChargeGuard を介してチャージバックの異議申し立てが Vindicia に報告された Cashbox 外で発生したトランザクションなどの理由で、Cashbox 経由で実行された金融トランザクションを表していることがあります。ただし、それはリファンド オブジェクトで、顧客へのリファンド時に情報が埋め込まれるトランザクション オブジェクトではないことに注意してください。

Cashbox は支払い処理装置でトランザクション オブジェクトを処理し、処理中にそのステータスを更新します。表示されるトランザクション ステータスは、トランザクションの現在のステータスです。以前のステータスはログに記録され、API 経由またはレポートで参照することができます。

トランザクション オブジェクトは、完了した金融トランザクションではなく、潜在的な金融トランザクションを表していることもあります。たとえば、資金を支払い処理装置に移動する前に、トランザクションのスコアを判定して、詐欺リスクを考慮してスクリーニングすることができます。スコア判定の結果、詐欺の可能性が高い場合、トランザクションを破棄することができます。この場合、対応する Transactionobject は 処理されていないことを示す「New」ステータスで CashBox に残されます。

トランザクションはワンタイム購入のために CashBox API を使って生成、またはサブスクリプションの請求またはリファンドの一環として CashBox が生成することができます。 

単一トランザクションに関連する詳細とアクティビティを表示、またはトランザクション レポートを使って集計された結果を表示することができます。また、捕捉したトランザクションに対して、必要に応じてリファンドを発行することができます。